本文へスキップ

研究内容Research


 マニピュレーション(対象物の操り)を中心としたロボティクス・メカトロニクスに関する挑戦的研究に取り組み,そもそもの私たち人間における原理,そこから着想を得たロボットにおける原理,さらにはロボットならではの全く独自の原理について探り,基礎理論とシミュレーション技術の開発,実機実験による検証に至るまでの独創的な学術体系の構築を目指しています.さらに,医歯学や食品科学との学際領域に踏み込み,マニピュレーションならびにセンシングに関する新奇課題の創出,新奇システムの設計・実装論の構築について研究しています.



食品操作・評価技術への応用展開

対象物のモデリング,マニピュレーションならびにセンシング技術を融合し,機械学習を導入することで,ヒトの摂食行動メカニズムの理解と機械システムによる再現を目指します.食品操作・評価技術への応用展開を狙います.


非把持マニピュレーション

把持することなく物体を操ることができる高速振動に基づく非把持形態マニピュレーション手法の構築を目指します.さらに,柔軟メカニズムを積極的に活用した劣駆動型マニピュレーション手法の構築を目指します.


ハンド,グラスピング・マニピュレーション

ハンドを用いた高速運動物体や柔軟物体の動的マニピュレーション手法の構築を目指します.


生体センシング