本文へスキップ

大阪大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 知能機械システム学領域

機械工学専攻 東森研究室

新着情報お知らせ

  • 2024/05/14

    国際会議で発表しました.
    Y. Miyazaki and M. Higashimori: Lissajous Curve-Based Vibrational Orbit Control of a Flexible Vibrational Actuator with a Structural Anisotropy, Proc. of the IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA2024), (Yokohama, Japan, May 14, 2024), pp. 2332-2338.
    Best Mechanisms and Design Paper Award Finalist
  • 2024/05/14

    国際会議で発表しました.
    H. Ichikura and M. Higashimori: In-Hand Rolling Manipulation Based on Ball-on-cloth System, Proc. of the IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA2024), (Yokohama, Japan, May 14, 2024), pp. 6521-6527.
  • 2024/05/11

    招待講演を行いました.
    東森充: ロボット咀嚼シミュレーションの新展開 −食塊形成マニピュレーション−, 日本デジタル歯科学会第15回学術大会シンポジウム1『工学技術が切り拓く歯科医療の未来』, 2024.5.11(招待講演).
  • 2024/03/27

    論文が掲載されました.
    橋本大輝, 柴田曉秀, 橋本和紀, 堀金智貴, 長畑 雄也, 東森充, 人工咀嚼装置のための包囲領域拡縮メカニズム, 日本機械学会論文集, vol. 90, no. 931, pp. 23-00248, 2024.
    株式会社J-オイルミルズからのプレスリリース
  • 2024/3/26

    受賞しました.
    IEEE 関西支部 学生研究奨励賞:市倉ひなの
    H. Ichikura and M. Higashimori: In-Hand Manipulation Inspired by Diabolo Juggling, the IEEE Robotics and Automation Letters (RA-L), vol. 7, no. 4, pp. 12227-12234, 2022.
  • 2024/03/25

    受賞しました.
    日本機械学会三浦賞大阪大学工業会賞:市倉ひなの
    2023年度修士論文「Ball-on-Cloth システムに基づく In-Hand マニピュレーション」
  • 2024/03/03

    論文が掲載されました.
    K. Mizuno and M. Higashimori: Internal Pressure Pattern Design for Variable Surface Shapes of Tongue-Type Pneumatic Soft Actuator, the IEEE Robotics and Automation Letters (RA-L), vol. 9, no. 4, pp. 3491-3497, 2024.
  • 2024/02/25

    特許登録されました.
    特許第7424579号: 食感評価システム及び食感評価方法, 東森充, 柴田曉秀, 高橋龍馬, 長畑雄也, 木村功, 清水里奈, 堀田真理子, 井上賀美(登録日:2024年1月22日).
  • 2023/01/23

    受賞しました.
    SI2023優秀講演賞
    清水孝紀, 鈴木佑晟, 柴田曉秀, 石原清香, 池上聡, 中馬誠, 東森充: 突起状視触覚センサを用いた対象物表面特性の識別, 第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2023)論文集, pp. 1994-1997, 2023.
  • 2023/01/23

    受賞しました.
    SI2023優秀講演賞
    原俊哉, 福田修, 東森充: 形状と固さの可変性を両有する数珠状グリッパ, 第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2023)論文集, pp. 3441-3445, 2023.
  • 2023/12/15

    受賞しました.
    計測自動制御学会SI部門研究奨励賞
    水野海渡, 兒玉匠平, 佐藤理加子, 大川純平, 堀一浩, 東森充: アレイ状配置チャンバを有する舌型空圧ソフトアクチュエータの設計, 第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2022)論文集, pp. 87-92, 2022.
  • 2023/10/03

    招待講演を行いました.
    東森充: ロボット咀嚼シミュレーションの新展開 −食塊形成マニピュレーション−, 第34回食品ハイドロコロイドシンポジウム, 2023.10.3(招待講演).
  • 2023/08/28

    受賞しました.
    日本食品科学工学会第70回大会若手の会企業賞:加藤優侑
    加藤優侑, 橋本和紀, 堀金智貴, 長畑雄也, 東森充: 力覚と視覚のマルチモーダル深層学習を用いた食品評価に関する研究, 日本食品科学工学会第70回大会, 2C20p02, 2023.
  • 2023/08/18

    受賞しました.
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ベストデモンストレーション表彰:鈴木佑晟
    鈴木佑晟, 清水大夢, 柴田暁秀, 東森充: 食塊形成マニピュレーション, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2022講演論文集, 2A1-O01, 2022.
  • 2023/04/10

    メンバーを更新しました.
  • 2023/3/27

    著書(分担執筆)が出版されました.
    東森充: 非把持マニピュレーション, ロボット工学ハンドブック(第3版)(日本ロボット学会 編), コロナ社, pp. 456-458, 2023.
  • 2023/3/23

    受賞しました.
    日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会 Best Presentation Awards:濱雄大
    濱雄大, 東森充: 遠心力を用いた高速布展開マニピュレーション, 日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 11414, 2023.
  • 2023/3/23

    受賞しました.
    日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会 Best Presentation Awards:加藤優侑
    加藤優侑, 柴田暁秀, 東森充: 力覚と視覚のマルチモーダル深層学習を用いた食品テクスチャー推定, 日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 11716, 2023.
  • 2023/03/23

    受賞しました.
    日本機械学会三浦賞大阪大学工業会賞:水野海渡
    2022年度修士論文「アレイ状配置チャンバを有する舌型空圧ソフトアクチュエータの設計」
  • 2023/3/2

    受賞しました.
    IEEE 関西支部 学生研究奨励賞:丸尾明廣
    A. Maruo, A. Shibata, and M. Higashimori: Dynamic Underactuated Manipulator Using a Flexible Body with a Structural Anisotropy, Proc. of the IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA2022), (Philadelphia, PA, USA, May 25, 2022), pp. 7117-7123.
  • 2023/02/28

    受賞しました.
    2022年度計測自動制御学会学術奨励賞・研究奨励賞:市倉ひなの
    市倉ひなの, 東森充: ディアボロジャグリングに基づくIn-Handマニピュレーション, 第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)論文集, pp. 514-519, 2021.
  • 2022/12/23

    受賞しました.
    SI2022優秀講演賞
    水野海渡, 兒玉匠平, 佐藤理加子, 大川純平, 堀一浩, 東森充: アレイ状配置チャンバを有する舌型空圧ソフトアクチュエータの設計, 第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2022)論文集, pp. 87-92, 2022.
  • 2022/12/17

    招待講演を行いました.
    東森充: 咀嚼ロボットシミュレータを用いた食品のテクスチャー評価, 日本顎口腔機能学会 第68回学術大会, 特別講演, 2022.12.17(招待講演).
  • 2022/12/15

    受賞しました.
    計測自動制御学会SI部門若手奨励賞:水野海渡
    水野海渡, 平島光樹, 柴田暁秀, 兒玉匠平, 佐藤理加子 大川純平, 堀一浩, 東森充: 実測舌特性に基づく咀嚼ロボットシミュレータ −舌型空圧ソフトアクチュエータの試作−, 第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)論文集, pp. 2780-2784, 2021.
  • 2022/12/09

    受賞しました.
    FA財団論文賞
    栗田泰輔, 東森充: 非平行性と粘弾性を両有する劣駆動関節機構を用いた非把持マニピュレーション, 日本ロボット学会誌, vol. 39, no. 6, pp. 553-554, 2021.
  • 2022/11/18

    招待講演を行いました.
    東森充: ロボット技術を活用した食品テクスチャーセンシング, 第126回食用加工油脂技術研究会, 2022.11.18(招待講演).
  • 2022/10/28

    論文が掲載されました.
    H. Ichikura and M. Higashimori: In-Hand Manipulation Inspired by Diabolo Juggling, the IEEE Robotics and Automation Letters (RA-L), vol. 7, no. 4, pp. 12227-12234, 2022.
  • 2022/09/07

    受賞しました.
    日本ロボット学会 学会誌論文賞
    栗田泰輔, 東森充: 非平行性と粘弾性を両有する劣駆動関節機構を用いた非把持マニピュレーション, 日本ロボット学会誌, vol. 39, no. 6, pp. 553-554, 2021.
  • 2022/08/24

    受賞しました.
    日本食品科学工学会誌 論文賞
    中馬誠, 池上聡, 船見孝博, 柴田暁秀, 東森充: フィルム式多点圧力センサーを用いたゲル状食品の食感評価, 日本食品科学工学会誌, vol. 68, no. 2, pp. 55-64, 2021.
  • 2022/07/29

    論文が掲載されました.
    Y. Watanabe and M. Higashimori: Synergy-Based Analytical Design of Wire-Driven Continuum Manipulators, the IEEE Robotics and Automation Letters (RA-L), vol. 7, no. 4, pp. 9310-9317, 2022.
  • 2022/06/02

    受賞しました.
    日本機械学会若手優秀講演フェロー賞:佐藤瑛人
    佐藤瑛人, 柴田暁秀, 東森充: 視触覚センサを用いた柔軟物体の変形・破断センシング, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ロボティクス・メカトロニクス講演会2021講演論文集, 2A1-J04, 2021.
  • 2022/05/26

    国際会議で発表しました.
    A. Maruo, A. Shibata, and M. Higashimori: Dynamic Underactuated Manipulator Using a Flexible Body with a Structural Anisotropy, Proc. of the IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA2022), (Philadelphia, PA, USA, May 25, 2022), pp. 7117-7123.
    ICRA2022 Outstanding Student Paper Award Finalist
  • 2022/05/13

    解説記事が掲載されました..
    東森充: 特集「ニューフードエンジニアリング」によせて, FFIジャーナル, vol. 227, no. 2, pp. 91-94, 2022.
  • 2022/04/11

    メンバーを更新しました.
  • 2022/3/15

    受賞しました.
    日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会 Best Presentation Awards:市倉ひなの
    市倉ひなの, 東森充: ディアボロジャグリングに基づくIn-Handマニピュレーション, 日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 11711, 2022.
  • 2022/02/22

    受賞しました.
    2021年度計測自動制御学会学術奨励賞・研究奨励賞:昌子晴海
    昌子晴海, 東森充: 非引き連れ型柔軟メカニズムを用いた触覚センシング, 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)論文集, pp. 720-723, 2020.
  • 2022/1/25

    受賞しました.
    SI2021優秀講演賞
    水野海渡, 平島光樹, 柴田暁秀, 兒玉匠平, 佐藤理加子 大川純平, 堀一浩, 東森充: 実測舌特性に基づく咀嚼ロボットシミュレータ −舌型空圧ソフトアクチュエータの試作−, 第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)論文集, pp. 2780-2784, 2021.
  • 2022/1/25

    受賞しました.
    SI2021優秀講演賞
    市倉ひなの, 東森充: ディアボロジャグリングに基づくIn-Handマニピュレーション, 第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)論文集, pp. 514-519, 2021.
  • 2021/12/23

    特許出願しました.
    特願2021-202210: 咀嚼シミュレータ,咀嚼動作の再現方法, 東森充, 橋本大輝, 柴田曉秀, 鈴木佑晟, 長畑雄也, 堀金智貴, 橋本和紀(出願日:2021年12月14日).
  • 2021/07/27

    論文が掲載されました.
    栗田泰輔, 東森充: 非平行性と粘弾性を両有する劣駆動関節機構を用いた非把持マニピュレーション, 日本ロボット学会誌, vol. 39, no. 6, pp. 553-554, 2021.
  • 2021/06/25

    論文が掲載されました.
    渡邊由悠, 東森充, 非一様摩擦分布を利用した非把持マニピュレーション, 日本機械学会論文集, vol. 87, no. 898, p. 20-00388, 2021.
  • 2021/04/19

    メンバーを更新しました.
  • 2021/3/16

    受賞しました.
    日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会 Best Presentation Awards:佐藤瑛人
    佐藤瑛人, 柴田暁秀, 東森充: 視触覚センサを用いた柔軟物体の操作と評価, 日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 11308, 2021.
  • 2021/3/16

    受賞しました.
    日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会 Best Presentation Awards:丸尾明廣
    丸尾明廣, 柴田曉秀, 東森充: 螺旋状柔軟体の振動軌道可変効果に基づく劣駆動型マニピュレータ, 日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会, 11210, 2021.
  • 2021/02/18

    論文が掲載されました.
    中馬誠, 池上聡, 船見孝博, 柴田暁秀, 東森充: フィルム式多点圧力センサーを用いたゲル状食品の食感評価, 日本食品科学工学会誌, vol. 68, no. 2, pp. 55-64, 2021.
  • 2021/1/25

    受賞しました.
    SI2020優秀講演賞
    丸尾明廣, 柴田曉秀, 東森充: 螺旋状柔軟体の振動軌道可変効果に基づく劣駆動型マニピュレータ, 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)論文集, pp. 1829-1831, 2020.
  • 2021/1/25

    受賞しました.
    SI2020優秀講演賞
    昌子晴海, 東森充: 非引き連れ型柔軟メカニズムを用いた触覚センシング, 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)論文集, pp. 720-723, 2020.
  • 2020/10/21

    招待講演を行いました.
    東森充: ロボットシミュレータを用いた食品のテクスチャー評価, 第68回レオロジー討論会, 第22回レオロジー・フォーラム1, 1A08, 2020.10.21(招待講演).
  • 2020/04/17

    メンバーを更新しました.
  • 2020/04/06

    4年生向け研究室紹介資料をアップしました(〜4/8まで).
    2020研究室紹介チラシ2020研究室紹介スライド

    下記日時に Zoom を用いたオンライン研究室紹介・大学院生による質疑応答を行います.
    希望する時間に,以下のリンクからアクセスしてください.
    https://us04web.zoom.us/j/800487309?pwd=VFVGTjE0NlFNYXJtYmhyclJDdWVmZz09
    4/6(月) 13:30, 14:30, 15:30, 16:30
    4/7(火) 10:30, 11:30
    ※ 各回30分程度を予定
  • 2020/03/25

    受賞しました.
    自動車技術会大学院研究奨励賞:西慶一郎
    2019年度修士論文「深層学習を用いた咀嚼ロボットシミュレータの食塊形成評価」
  • 2020/03/25

    受賞しました.
    大阪大学機械工学専攻優秀学生賞:栗田泰輔
  • 2020/02/28

    受賞しました.
    2019年度計測自動制御学会学術奨励賞・研究奨励賞:栗田泰輔
    栗田泰輔, 東森充: 非平行軸配置を有する劣駆動関節機構の振動解析と非把持マニピュレーションへの適用, 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)論文集, pp. 2461-2466, 2018.
  • 2020/02/17

    論文が掲載されました.
    S. Salazar, K. Hori, F. Uehara, J. Okawa, A. Shibata, M. Higashimori, T. Nokubi, and T. Ono: Masticatory Performance Analysis Using Photographic Image of Gummy Jelly, Journal of Prosthodontic Research, vol. 64, iss. 1, pp. 48-54, 2020.
  • 2020/02/12

    特許出願しました.
    特願2020-021923: 食感評価システム及び食感評価方法, 東森充, 柴田曉秀, 高橋龍馬, 長畑雄也, 木村功, 清水里奈, 堀田真理子, 井上賀美(出願日:2020年2月12日).
  • 2020/02/07

    特許出願しました.
    特願2020-019597: 食塊形成装置,食塊の形成方法, 東森充, 橋本大輝, 高橋龍馬, 柴田曉秀, 長畑雄也, 橋本昌晴, 清水里奈, 堀田真理子, 渡邊涼平, 井上賀美(出願日:2020年2月7日).
  • 2020/01/31

    招待講演を行いました.
    東森充: ロボットシミュレータを用いた食品のテクスチャー評価, 第2回食感の適切な評価手法を求めて〜嚥下困難者対応食品の最新の研究動向と現場での展開, 2020.1.31(招待講演).
  • 2019/12/24

    解説記事が掲載されました..
    東森充: ロボットシミュレータを用いた食品のテクスチャー評価, 日本食品工学会誌, vol. 20, no. 4, pp. A-18-20, 2019.
  • 2019/10/11

    国際会議で発表しました.
    K. Nishi, A. Shibata, Y. Nagahama, K. Kimura, M. Inoue, and M. Higashimori: Mastication Class Estimation for Food Bolus by Using Convolutional Neural Network, Proc. of the 2019 IEEE Int. Conf. on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2019), (Bari, Italy, Oct. 9, 2019), pp. 3357-3362.
  • 2019/09/07

    招待講演を行いました.
    東森充: 咀嚼・嚥下機能評価における画像解析の応用〜工学サイドから, 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, パネルディスカッション4「摂食嚥下のプロジェクトX:医工連携から生まれる新しい『眼』」, 2019.9.7(招待講演).
  • 2019/08/30

    受賞しました.
    日本食品科学工学会第66回大会 第15回若手の会研究発表 最優秀賞:高橋龍馬
    高橋龍馬, 柴田暁秀, 西慶一郎, 長畑雄也, 木村巧, 清水里奈, 堀田真理子, 井上賀美, 東森充: 歯・舌両有型咀嚼ロボットシミュレータを用いたテクスチャーセンシング, 日本食品科学工学会第66回大会, P096, 2019.
  • 2019/08/28

    特許出願しました.
    特願2019-151113: 食塊形成装置,咀嚼状態評価方法,食感評価方法及び食塊の製造方法, 東森充, 柴田曉秀, 西慶一郎, 長畑雄也, 木村功, 清水里奈, 堀田真理子, 井上賀美(出願日:2019年8月21日).
  • 2019/07/30

    論文が掲載されました.
    A. Shibata, R. Takahashi, Y. Nagahata, K. Kimura, R. Shimizu, M. Hotta, M. Inoue, and M. Higashimori: Food Texture Estimation by Using a Robotic Mastication Simulator Equipped with Teeth and a Tongue, Sensors and Materials, vol. 31, no. 7, pp. 2367-2380, 2019.
  • 2019/07/09

    招待講演を行いました.
    東森充: ロボットシミュレータを用いた食品のテクスチャ−評価, FOOMA JAPAN 日本食品工学会フォーラム2019, 人生100年時代の食品プロセス技術 -未来を起点にした先端加工から消化性評価まで-, 2019.7.9(招待講演).
  • 2019/06/19

    研究がメディアで紹介されました.
    NHK WORLD-JAPAN 2019年6月19日, Science View "The Leading Edge: Food Texture - The Key to Delicious Taste"(食品テクスチャー評価システムの紹介).
  • 2019/06/12

    論文が掲載されました.
    M. Higashimori, R. Sakashita, and A. Shibata: Single Actuator-Based Three-DoF Planar Manipulation via a Viscoelastic and Nonparallel Hybrid Joint Mechanism, the IEEE Trans. on Robotics, vol. 35, no. 3, pp. 602-617, 2019.
  • 2019/04/21

    国際会議で発表しました.
    T. Kurita and M. Higashimori: 1-Actuator 3-DoF Manipulation Using an Underactuated Mechanism with Multiple Nonparallel and Viscoelastic Passive Joints, Proc. of the IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA2019), (Montreal, Canada, May 21, 2019), pp. 5345-5351.
  • 2019/04/01

    東森研究室ホームページ(仮)を開設しました.